経営者にお金を貸した理由

彼女はスナック店の店主であって、家賃やお酒などの仕入れを一人で行っています。彼女のスナック店には来店するお客様が少なくて、経営に行き詰った状態でした。売上のほうもあまり良くなくて、赤字だけが膨らんで借金が積み重なっていったのです。また、赤字や借金を原因にお店を閉めた時期もあったのです。彼女は多くの融資の会社に事業のための資金を借りていて、返済も行き詰っています。従って、多重債務としての形の状態であるので、融資の会社からお金を借りれない状態なのです。お金を貸した理由として、少しでも経営に苦しんでいる彼女の助けになりたいと思って、お金を数十万円だけ貸したのです。しかし、現在でも彼女の経営するスナック店に来店するお客様の数は少なくて、彼女からのメールでお金を貸してほしいという内容が送信されてきます。私も彼女のお店には何度か行きますが、お店の中の状態に関して、一日のうちで全くお客様が来ない日もあった事です。私は彼女に対してお店を閉めて、他のところで働きかけるように説得したのですが、なかなかスナック店をやめる気配がなくて、お金を時々貸しています。一部分の借金によるお金は私が肩代わりした事もあります。本来ならば売上を出して、お金を返済する事が信頼へとつながりますが、最近では彼女のためを思ってお金を貸していないのが現状であって、彼女も借りたお金の返済のために副業としてのアルバイトとして頑張って返済に充てているのです。

来店不要でキャッシングをすることができるカードローン