過払いについて

テレビのコマーシャルなどで「過払い金」という言葉を耳にしたことがある方も多いことでしょう。過払い金というのは、元本は完済されているのに、返済を続けている場合の払い過ぎたお金のことを言います。

日本の法律には、利息制限法と出資制限法という別の法律が存在しています。そして問題なのがこの2つの法律で、法定金利が違うということです。利息制限法では借りる金額に応じて15%~20%と金利が定められています。一方、出資制限法では、最高29.2%までの金利が一定の条件を満たした場合に限り認められているのです。

多くの貸金業者は、出資法に定められた「みなし弁済」を利用しグレーゾーン金利を適用して貸し出をしています。その結果、利息制限法よりも高い金利で返済していくことになるので過払い金が生じてしまうのです。

それでは、いったいどのくらいの期間返済を続けていると、過払い金が発生するのでしょうか。借り入れた金額や、月々の返済額や金利によって違ってきますので一概に何年です。とは言えませんが、返済期間が5年以上となる場合には、過払い金が発生している可能性が出てきていると言われています。また7年を超えると、その可能性が高くなります。

キャッシングを長期にわたり返済している方は、一度計算してみることをお勧めします。またキャッシングの過払い金について相談にのってくれる機関もありますので、気になる方は一度相談してみると良いでしょう。

金利手数料について